※うみねこのなく頃にEP8までのネタバレ解禁をしております。
予告なしにネタバレ記事が出てくる事もありますので未プレイの方、漫画を読まれている方はご注意ください。

うみねこドットTV─TVアニメーション「うみねこのなく頃に公式サイト」
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログ王ランキング 人気blogランキング FC2ブログランキング
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲

うみねこのく頃に     第20話 EpisodeIV-II zugzwang


多忙を言い訳にしながら、その実は彼氏と遊び歩いていた楼座。幼い真里亞はその事実に薄々気付きながらも、決して楼座を責めることもなく、さくたろうと一緒に大人しく楼座の帰りを待つ日々を送っていた。縁寿はそんな真里亞を不憫に思うが、当の本人がまったく気にしていない様子なのを見て苛立ちを隠せない。「幸せを生み出す力」、それが魔法の力だと縁寿を諭す真里亞。一方、1998年の縁寿は、12年前に六軒島で起きた事件の全貌を解明すべく、一人調査を続けていた…。















…もう20話かぁ…はえぇなぁ
あと6話くらいかな…結構4は丁寧にやってくれそうですね



…で

今回話題になってるまさかのあのシーンカットの件ですが、次回予告で来週ちゃんとやってくれる事を確認!よ、よかった~…orz
ですよね…あれをやらんとか流石にないわ








ちょっとおもろいうみねこグッツを紹介
てか肖像画のクリアファイルほしいいいいいいいいいいいいいいいいい
エヴァ様のやつ欲しい
あと5の肖像画のも欲しい(まぁ両方ともキャラ的にはそこまで好きじゃないんだが特に5




CG うみねこのなく頃に ベルンカステラ

ベルンカステラwwwwwwwwwwwwwwwww
吹いたwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
おいベルンに殺されるぞww





CG うみねこのなく頃に Tシャツ
wwwwwwwwwwwwwwwwwwww
なぜ作ったしwwwwwwwwwwwwwwwwwww














今日あたり新キャラのキャスト出るかなぁ…
あと線画楽しみですね!wwww
規制されるかなぁ…w
まさかモザイク処理とか!!!wwwwwwwww



うみねこのなく頃にネタバレ注意!
大変お世話になっております   うみねこのなく頃にWiki
うみねこドットTV─TVアニメーション「うみねこのなく頃に公式サイト」






















時を戻して前の感想が見れる魔法が使用できます。

オープニング・エンディング感想
第1話 EpisodeI-I  opening
第2話 EpisodeI-II first move
第3話 EpisodeI-III dubious move
第4話 EpisodeI-IV blunder
第5話 EpisodeⅠ-Ⅴ fool's mate
第6話 EpisodeII-I middle game
第7話 EpisodeII-II early queen move
第8話 EpisodeII-III week square
第9話 EpisodeII-IV skewer
第10話 EpisodeII-V accept
第11話 EpisodeII-VI back rank mate
第12話 EpisodeIII-I castling
第13話 EpisodeIII-II gambit
第14話 EpisodeIII-III positional play
第15話 EpisodeIII-IV isolated pawn
第16話 EpisodeIII-V queening square
第17話 EpisodeIII-VI promotion
第18話 EpisodeIII-VII swindles
第19話 EpisodeIV-I end game














・1986年10月8日(土) 六軒島 客間
18時7分

恐らくep1と同様の経緯で、雨の中薔薇庭園に佇んでいた真里亞を楼座が屋敷に連れ帰る。
真里亞と二人で互いに相手を「大好き」と連呼しあい、「ずっと仲良し」「愛してる」と最後に付け加える。




・メタ視世界

2人の様子を見ていたグレーテルが急に立ち上がる。
戦人は、理由が分からなくともグレーテルの不機嫌を察する。
「席を外す」と言い、姿を消すグレーテル。






小野君今回の出番これだけ(笑)
まぁ後でちょっとだけ出てきてますがw






・何故急にグレーテルは席を外したのか?
(日記により)真里亞は、縁寿が当時の真里亞を幸せではないと思ってるから、親子の会話に嘘くささを感じ不機嫌になった。






原作だと急に「バリーン!」つってグレーテルがカップを割るのだが…あれにはびびった








・メタ視世界 縁寿のメタ世界

一人不機嫌なグレーテル(縁寿)の前に、真里亞が現れる。
真里亞は、縁寿が当時の真里亞を幸せではないと思ってるから、親子の会話に嘘くささを感じ不機嫌になったと推察し、自分の日記帳を顕現させる。
そして、真実は観測者によって形を変え、未来の観測者が常にそれを上書きすることを指摘する。
日記帳から光が溢れ出し、辺り一面真っ白になる。










・日記(真里亞の家) 1984~85年の真里亞の誕生日の後日

仕事で帰宅できないことを電話で真里亞に詫びる楼座。日曜に二人で映画鑑賞する約束をしていた件を指摘する真里亞に対し、言葉を濁す。
真里亞は、母を困らせてしまったことを察し、謝る。そして、ちゃんと留守番することを約束する代わりに、少しでも早く楼座に帰ってきてほしいと訴える。
それには答えず、慌しく電話を切る楼座。

【原作BGM】 voiceless

たくさん話したいことがあるのになかなかその機会が来ない真里亞を、さくたろが「ママは生活のために必死で頑張ってる。本当はママもずっと真里亞の側にいたいんだよ」と言って慰める。
更に、楼座が泣きながら真里亞の隣で夜を過ごした日があり、その時楼座が「ただ側に居てくれるだけで、真里亞だけが世界でただ一人の味方である」と言ったらしいことも話す。
そして、楼座もきっと真里亞同様辛い境遇だから分かってあげるべきと諭し続けるが、とうとう真里亞は泣き出してしまう。
さくたろは、真里亞が元気ならママもきっと幸せになってくれるから、笑顔でいるべきだといい、秘密のパジャマパーティーを提案する。そして、普段できなかったことを二人で思い切り楽しんだ。
そして、さくたろに幼少時母が編んでくれた赤い手編みのマフラーをプレゼントする。






補足
楼座は服の会社の社長でもある。





ちょ、歩いてくるさくたろかわえええええええええええええええ!!!
ちょ、ま、これは可愛い


パジャマパーティのお菓子が「ポール」?wwカールかw






(回想終了)








真里亞は、約束した映画に行けなくても幸せと語る。
縁寿は、一方的に約束が破られたら悲しいし、その後の夜も、母が帰らない悲しみを忘れるため空騒ぎしただけだと言い切る。
縁寿は、日記には書いてないが気持ちが分かると言い、真里亞の心情を更に推測し、楼座を断罪し、何故それでも幸せと言えるのかと真里亞に突っかかる。
真里亞は再度、日記では「幸せな夜」でも観測者によって異なる見方をされることを指摘し、縁寿を憐れむ。





(再び真里亞の日記)


疲れきった表情で帰宅した楼座を出迎える、上機嫌な真里亞とさくたろ。
楼座はお土産として、スコッチケーキ(と陶製の動物の音楽隊セット)を真里亞に贈る。
楼座がコートを脱いだとき、レシートか半券のような物がポケットから落ちる。その表面には「熱海」の文字。
その時、楼座が怖い顔をして半券を真里亞からひったくる。
何か悪い事をしてしまったと察し、すぐに楼座に謝る真里亞。
楼座は、ママの方が悪いと言い、真里亞に泣きながら抱きつく。



(真里亞の日記終了)




熱海キター
2万4千円でした(笑)
ちなみにこの前の不倫現場は確か北海道設定だったはずだから、また違う場所に…


音楽隊の描写は次回予告で見たからそこで足されるのかな?







・メタ視世界

見てられないと嘆く縁寿。楼座を弁護する真里亞。
真里亞は、世界には幸せのカケラも不幸せのカケラもたくさんあって、身近な幸せが見付けられなかったらどこへ行っても見付けられないと言い、縁寿の場合は不幸せなカケラの全くない世界を探し続けていると指摘する。
縁寿は、悲しい真実を幸せに変えた”力”とは何かを真里亞に問い質す。真里亞はそれを幼少時に縁寿に教えたといい、ここでベアトリーチェも加わり、異口同音に「それは魔法」と答える。


「縁寿にはなくて真里亞にはある力」
「真里亞にはあって縁寿にはない力」

『それが、魔法』








・庭園 (日時は不明、真里亞とベアトが知り合ってから間もないと言っている)

庭園でベアトリーチェと真里亞とさくたろがお茶会をしている。
真里亞はベアトにさくたろを紹介する。
ベアトは、真里亞がさくたろの人格を一から作り出し、人間界に顕現させていることに驚く。
ベアトは真里亞に魔法の素質があることを認め、さくたろに魔力をプレゼントすることを提案する。
そこにワルギリアが現れ、さくたろは自己紹介する。
ベアトは、魔導書(真里亞の日記)を用意させると、ワルギリアを立会人にして(顕現の力を強める)宣言書を書き上げる。
真里亞が宣言書をさくたろに見せると、さくたろは光に包まれ、人間体として顕現できるようになっていた。


さくたろう  

マリア-ジュ・ソルシエールの魔女、マリア卿の愛する家具。

 彼の存在は、マリア卿の白き心そのもの。
 もうひとりのマリア卿とさえ言える、彼女の掛け替えのない存在。

 外交官勲章を持ち、同盟下にある全魔女、全武具、全家具、同盟と契約関係にあるならば悪魔や神霊でさえも、彼を照準することさえ許されない。




礼を言う真里亞に対し、ベアトは真里亞に新たな魔法を教えることを約束し、「原初の魔女見習いマリア」を名乗ることを許した。
そして、魔女としての新しいドレスをマリアにプレゼントする。




マリア  

これより千年を生きる、無限の魔女。
 ゼロの海より1を生み出す、母なる魔力を持つ。

 その魔力は一見、脆弱。
 しかし0を何倍にしても0にしかならない。
 しかし彼女の生んだ1は、やがては天をも超える。

 彼女の真価を理解するベアトリーチェによって厚く保護されている。
 ベアトリーチェとは同盟関係にある。













魔導書

つまり、その魔法大系について記し、後世に伝えたものが魔導書なのである。

今日、世界でもっとも有名な魔導書は、2000年もの歴史を持ち、現在でも
流通していて、今もなお新しい同盟員を獲得し続けているという。

その魔導書の真の名を語ることは禁じられており、ただ単に「本」とだけ呼ばれている。






マリアージュ・ソルシエール

原初の魔女マリア卿と、無限の魔女ベアトリーチェ卿の二人による魔女の同盟。
二人により画期的な魔法大系が生み出され、魔力の衰えていたベアトリーチェ
に絶大なる新しい魔力を与えることとなった。

この同盟の結成をもって、ベアトリーチェは真の意味で無限の力を持ったと言
えるだろう。

第一条は、相互を魔女と認め、その魔法を尊重すること。
幼い縁寿が同盟に誘われたことがあるが、後に破門されている。





ベアトリーチェの称号

ベアトリーチェは、魔女として「無限」と「黄金」の2つの称号を持っている。
これらは本来、異なる魔法大系からの称号であるため、彼女は2つの魔法大
系を持っていると言える。

無限の魔女は、「無限創造」を基盤とし、彼女の比類なき無限の魔力の根源
となる。
黄金の魔女は、「魔法実現」を基盤とし、空想の貴金属を顕現させる魔力は、
希薄な魔法全てに顕現の奇跡を与える。

その2つをマリアージュ・ソルシエールにてさらに磨き上げ、「無限実現」とい
う魔法大系に昇華させた。

その意味では、今の彼女は、無限と黄金の魔女ではなく、その2つの融合し
た新しい称号で呼ばれるべきである。





うおおお人間版さくたろktkr!なんとかわゆい・・・




マリアも来ましたねー
やっぱりあのドレス姿のマリアはかわいい





※いつものピンクの服=右代宮真里亞(人間)
 黒のドレスの服=無限の魔女マリア(魔女見習い

としてこれからは分けて使っていきたいと思います。
縁寿の世界に出てくる真里亞は本当はマリアだったんですが…まぁいいか






・メタ視世界

不幸の中に、幸せを新しく生み出すことが原初の魔法というマリア(以後、ドレス姿の真里亞についてはこう表記)。更に、マリアージュ・ソルシエールにいた縁寿もその魔法を知っていて、使えたはずと指摘する。







こっから原作と場面の順番と場所が何故か違っているのでちょっとおかしな表現になってるかもしれません…
ホント何でこんなことしたんだろう…わけわかめ






・幻想(?) 縁寿が聖ルチーア学園にいた頃(上のメタ視世界より前の話)

縁寿の回想。一度だけ、聖ルチーア学園での苦境の日々から救われたくて、魔法の修行をしたことがあったと語る縁寿。(当時の年齢は不明。)マリアとさくたろに見守られながら、必死で「広大で孤独な世界」を思い描こうとしている。
マリアは手始めに、召喚魔法を実行することを縁寿に提案し、煉獄の七杭を召喚する。
縁寿は元マリアージュ・ソルシエール同盟でもあるのでベアトや真里亞に呼び出せるものなら呼び出せるという。

【原作BGM】 stupefaction

縁寿は煉獄の7姉妹を無事召喚。



・・・え?
そんなにあっさり?(^ω^;)







さくたろが七杭と仲良しなことに驚く縁寿。




ちょ、さくたろうそこ代われ

ベルゼww相変わらず美味しそうってなんだよwww



サタンの独占キタwwww
ちょ、本当にサタンかわいいwww
ベルフェの突っ込みGJ





マリアは、自分の顕現魔力を縁寿に与えるから、いつも縁寿の側にいてほしいと七杭に依頼する。
ルシファーは縁寿には荷が重くないかと心配するが、縁寿はマリアの提案を承諾する。
しかし、やはり大きな負担であり、じゃんけんで勝ったマモンを顕現させ続けることにする。
ここでさくたろうが部屋に戻る時間だと告げる。





マモンのターンキター(゜∀゜)-!
あああああマモンいいよかわいいよハァハァ
「あたしの勝ちーぃv」って言って喜ぶマモンかわいいよハァハァ
さぁ縁マモのターンだ(CPの話やめれ








・聖ルチーア学園の寮

ルチーア学園寮内のトイレの個室で我に返る縁寿。
寮の消灯時間に遅れると連帯責任で罰当番になるため、急いで部屋に戻る縁寿。





…あれ、寝巻かわいい…
原作だと「囚人服のような寝巻」って書かれてたのに…





学園の方針に違和感を訴えるマモンとそれに同意する縁寿。




・・・え、これおばさん何やってんの…てか何だこれ…
何みてんだこのおばさん







マモンが縁寿の髪飾りを茶化すと、縁寿の回想でピンクの珠のヘアゴムの由来が語られる。





ううううあああああああああああああああ遊園地話キタああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ
(;ω;)
この話は泣いちゃうよ…




てかこの時の戦人wwwww
何故にそんなにハイテンションwww
小野君が超ノリノリでやってて吹いたw

あと戦人の私服キター(゜∀゜)-!
<●><●>カッ

漫画みたいにかっちょいい奴じゃなさそうだったが、うおおおおうレアすぎるうううう





てかなにこのかわいい兄弟・・・18歳のお兄ちゃんが6歳の妹にUFOキャッチャーしてあげるって…なにこの2828映像本当にほほえましい
てか縁寿が「うん!」って言ってるのありえないくらいかわいいんですがなんだあれ戦人ちょっと私とそこ代われ








縁寿は、もっと修行して失った家族も呼び出せるようになろうと決意する。







はい謎の回想シーンキター



こんなのやったせいで原作組から大ブーイング受けるんですよ
いっそこれなくしちゃった方がよかった


ってことで、このシーンの詳細は来週にやるので割愛。
私が泣いたシーンのひとつでもあるのでカットじゃなくて本当に良かった…








以上メタ視世界による縁寿の回想およびメタ視世界終了

以下より1998年10月5~31日(縁寿の回想?)













・とある高級レストラン

なんかもう大月教授どうでもい…面倒だからごっそりコピペ



初老の男が、1987年4月、競売にかけられた蔵書の内密鑑定依頼を友人(大手古物商)から受けたことを明かす。
出所は六軒島で、出品者は絵羽。鑑定結果、金蔵は日本で五指に入る悪魔学の権威であり、蔵書には神秘学上価値の高いものが多く含まれていたことが判明。
ここで、当時の絵羽が、身内の危難失踪が成立していなかったため、困窮していたらしいことが語られる。
この件により、六軒島の名前が世界中に知れ渡り、事故により多くの蔵書が失われた可能性が高いことで世界に衝撃を与えたという。
加えて、メッセージボトルが式根島の若い漁師により公表されたため、六軒島は魔女の島になったという。
ボトルの署名は真里亞になっていたが、鑑定の結果別人の筆跡と判明。しかし、警察が周辺の海域捜索で別のメッセージボトルを発見していたことで、更にメッセージの信憑性が上がった。
魔女伝説への関心は高く、未だに上陸禁止の六軒島に上陸しようとするマニアもいるほどだという。
男は、2つのメッセージは最初と結末以外は内容が違うことを話し、ボトル投下等の目的については、マニアの間で今も議論になっていることを語る。

縁寿は男に最後、魔導書にあるベアトリーチェ署名の文書とボトルメッセージの筆跡が同じかどうか鑑定を依頼する。
見た瞬間、非常な驚愕の色を浮かべる男。
その反応だけで満足した縁寿は、魔導書を渡さずにそのまま退席する。



金癖悪い縁寿様キター






そういえば教授名乗ったか・・・?
さすが公式人気投票でもハブられる大月教授だ

大月教授(おおつききょうじゅ)  

西洋民俗学の権威として知られる某大学の教授。

 また、六軒島魔女伝説の趣味的研究家。
 ウィッチハンターの一人としても有名。

 ウィッチハントは、六軒島事件の真相を科学的に解明しようという試みではなく、オカルト的妄想をこじつけることを主たる目的とする、神秘愛好家、好事家の思者遊びの側面が極めて強い。











・天草の車の中

車内で天草に聞き込みの成果を語る縁寿。







はい、また来た遊佐十三(笑)
天縁スキーさんの中で比較的遊佐十三はあんまり…って感じでしたね
なんか…違うんだよな…




だからなんで縁寿をミラーごしに見るの!?
何、やっぱり伏線かお前が犯人か天草よ

しかし…なかなかヒャッハァとかクールとか言わないなぁ…










再び先ほどのメタ視世界

縁寿の意識がメタ視世界に戻る。
そこへ、マモンがゲームをする部屋に戻るよう、縁寿に勧めてくる。そして、戦人に再開できたことを祝福する。
今はベアト付きなので応援はできないマモンに自分の応援は強制しないと言う縁寿。

と、突然縁寿の周りの世界が凍り付き、ラムダデルタが現れ、「ベルンカステルが吐いた嘘」を教えると言い出す。
その内容とは、ベルンの「ベアトを倒せば戦人が戻る」という発言は、「魔女を倒せば今メタ視世界に来ている縁寿の過去が変わり、兄と再会できる」という意味ではない、ということだった。
更に、今メタ視世界にいる縁寿は、エンジェ・ベアトリーチェという魔女の駒であり、「86年に家族の帰りを待つ縁寿」と別人であり、ゲームに勝っても何の救いもないことを付け加える。






・・・えーと、分かりましたか?

つまり、今のゲームでもし戦人が帰って無事六軒島から出られるとしても、戦人が帰るのはその世界(戦人が勝った世界”X”)の世界であって、18歳の「戦人が帰ってこなかった世界”Y”」の住人の縁寿(今いるグレーテル)の世界には帰ってこないという事。

細かく言うと、グレーテルの世界Yの戦人はすでに魔女に負けており、死んでいて2度と帰ってはこないという事…かな?(18歳の縁寿がすでに6歳の時に戦人が帰ってこなかった時を過ごしたため)

今いる戦人が帰るのは今家族を待っている6歳の縁寿(X世界)であって、すでに18歳になっている縁寿(Y世界)のところではないという事





わ・・・分かりますよね…?
よくある「元の世界に帰ってきたら(昔の歴史が変わったので)その人物がさも当たり前のように自分の世界に存在していた」みたいな事にはならないという事だそうです…






そして、「兄の側にいたい」という縁寿の希望と「ベルンを閉じ込めておきたい」という自分の希望を叶えるために、ゲームを永遠に引き分けにするのに協力するよう縁寿に要求する。





えーと、こっちのほうがごっちゃになる気が…


退屈しのぎでこのゲームに参加しているラムダはベルンの事が大好きなので、ベアトが勝つにしろ戦人が勝つにしろ決着がつくとゲームが終わり、戦人の勝利を助けているベルンがいなくなってしまうので、永遠に引き分けてずっとベルンと一緒にいたいと思っているのです
そうすれば縁寿もゲームがずっと決着がつかないので大好きな戦人といつまでも一緒にいれるからいい取引だと提案しているのです…

(真面目に「大好きなお兄ちゃん」とか打っちゃった(笑)ちょ2828するからグヘヘ






さぁ、縁寿さん、どうする?








天草のキャスト位置が魔女のゾーンなのだがw
お前もしやそっち側なのか!www



次回、Episode Ⅳ-Ⅲ prophyaxisまでシーユーアゲイン、ハバナイスディ。

※prophyaxis=予防策
ブログ王ランキング 人気blogランキング FC2ブログランキング
2009.11.17 Tue l 【07thExpansion】 うみねこのなく頃に l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://higurashiblue.blog122.fc2.com/tb.php/1491-00110767
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。